読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦いの日々INはてな

主に戦国イクサについてです。たまに突然旅行関連とか、日頃の愚痴とか、夢を語ったり?するかもしれません。読者登録して頂けると大変喜びます。

器攻について考える②《器攻撃メリット》

新潟は朝から激しい雨が降ってます。

こんにちは~

雨が降っても蒸し暑い感じ、嫌になります><

さて 器攻について考える の第②回ですが

前回は器攻が運営様に強く推されてますよ!

というお話でした。

第②回は結局 器攻は使えるのか? について考えてみます。

器攻撃メリット

・攻撃力が(12章より)攻城櫓・大筒18ある点。

12章より引き上げられました。18という数字は精鋭騎馬と同じです。

・兵器は3すくみの対象外である点。

3すくみの仕組みは説明を省きますが、得意不得意が無いため、安定した実力を発揮できる(槍馬弓が80%補正)。

これが一番のメリットとなり、【とにかく強い部隊が組めれば】安定して力を発揮できるということです。

・兵器の【破壊力】

元々破壊に特化した兵科であることから、勝利=陥落の可能性が非常に高くなります。

12章より破壊ポイントが実装され、クエでも破壊の項目が追加されました。

一撃陥落が増えることで合戦中の時間短縮や、加勢を防ぐ意味でも価値が高いと言えます。

・器が対象となるスキルが増えている点。

特に速度が含まれる器スキルが追加されており、弱点である【兵器は遅い】を大きく緩和することが可能です。

合流に乗せる場合も非常に便利だと思います。

はい 次回はデメリットについて

おしまい

早くも反響あり。

各自その目で確認したほうが良いと思う

http://daipon01.com/ppc/category/ninki/?famuc=7RZGCDBs